ウェブページのスタイルを決めるCSSとは?

CSSはスタイルを指定するもの

ホームページを作る上で欠かせないのがCSSというものであり、これはカスケーディングスタイルシートと呼ばれています。このCSSというのは文章のスタイルを指定するためのものであり、HTML文と一緒に使うことになるのです。 具体的にどのようなことができるのかというと、例えば文字が書かれている部分があり、この文字の部分の色を変更することができたり、その文字の大きさを指定することもできるので強調したい文章を目立たせることができます。その他には文章のレイアウトなどを表示を変更することができるというものになるのです。 その他には音声を使用するときなどは、その音声を読むときの再生のスタイルを指定する事ができます。

どうしてスタイルシートが必要なのか

ホームページを作る時にはHTML文を使うことになるのですが、実はHTML文でもタグを使用することにより装飾することができるのです。なのでCSSがなくても装飾することが出来るのですが、スタイリングにHTML文はホームページの情報構造を作るためのものであり、本来と違う使い方をしてしまうと構造自体に不備が出てくる可能性があります。 これは情報公開をした時に検索エンジン等に理解されない場合もあり、うまくヒットすることができなくなる場合もあるのです。これではせっかく作ったホームページも沢山の人に見てもらうことができなのですがそれだけでなく、ブラウザによりうまく表示されなくなるので、CSSとHTML文は分けて利用するというのが望ましくいのです。