CSSを使用する際に注意するポイント

CSSを利用する時の注意点とは

ホームページやブログサービスと言ったもので、最近はCSSをを使ってデザインを変更することが多くなっています。HTML等書き換える方法ではなく、CSSを利用すれば、簡単な操作で手を加えたりブログの背景から何まで変更することが出来るからです。 ただ、そのCSSを利用する時に注意するポイントはあります。例えば、一つの構文が違うだけで、そこで定義した内容が全て変わってしまうということです。例えば、ブログのテキストカラーをCSSによって定義する時に、一つ文字が違うだけで、色が別のものになってしまうこともあります。ですので、そうならないように、CSSに手を加えて変更した時に、ちゃんと変更した箇所が反映されているか確認することが大切です。

万が一のためにCSSのバックアップを取っておく

そのようにCSSは変更する時には、注意して手を加える必要があります。また、万が一変更をした事で、サイトに不都合が生じてしまったり、元の状態に戻したいという時のためにバックアップを取っておく事がオススメです。 CSSの定義ファイル(テキスト)を保存しておけば、後から戻したい時にはそれを入れ替えるだけで元の状態に戻すことが出来ます。 また、何処かでミスタイプをしてしまって、うまく表示されない時には、初期状態に戻してやり直すという場合もありますが、その時にもバックアップがあれば安心することが出来るでしょう。 ブログサービスの中には、「初期値に戻す」と言ったボタンがある所もありますが、念の為にバックアップは自分で取っておくとより安心です。